横浜から見える白い山

この写真は横浜中央部のわりと標高の高い町の一角から撮ったものです。年末の朝の散歩の時、天気がよさそうだったのでカメラを持って出かけましたが、ちょうど朝焼けの時に丹沢などを撮っていたら、東側(右手の方)に真っ白な山があるにに気づきました。ビックリ! お正月明けの写真整理で地図を出して調べてみました。左手には大菩薩嶺の稜線が連なっているのですが、雲取山にしては立派すぎます。

 

そこで「山の師匠」でもあるロッジ山旅のオーナー  長沢 洋さんに問い合わせてみると、な・なんと国師ヶ岳とのこと。そしてもっと驚いたのは、その左隣りにかすかに見えているのは金峰山だったのです!

自分の町から山梨の名峰、金峰山が見えるとは!! これは山の方で雪が降ったばかりの快晴の翌朝という好条件が揃ったからではありますが、それにしてもビックリ。長沢さん曰く「横浜は望岳都」だそうで、なるほどでありました。

続きを読む

冬の山の絵展@カフェ・ピッコロ

2021年となりました。七草も明けました。

が、コロナ感染が爆発的に増加している中での年明けで、7日には遅きに逸した感の、首都圏一部の、補償も不安で中途半端な“緊急事態”が出ました。

 

新年早々にめでたい話題で始まることができず残念ですが、昨年のGo To某から抱いていた不信感やまずさが、この年末年始に的中してしまったと思わざるを得ません。

 

また猛烈な冬型での大雪で日本海側を始め各地では積雪による“緊急事態”です。コロナどころではない差し迫った所も少なくないでしょう。

 

続きを読む

今年納めの山 見城山(みじょうさん)

いよいよ今年も大晦日となりました。

本年も「山の絵」HPの「つれづれ」をお訪ね下さった皆さま、どうもありがとうございました。

 

全世界を取り巻いた新型コロナウィルス、ちょうど人類をたびたび襲ってきた感染症の年に私たちは当たったと言う、そんな“歴史的な”年でした。医療従事者の方々、現場で働いて下さっている方々に感謝するだけで何もできませんが、だからこそ自分の感染は防がないと…と思う日々です。

 

そんな中ですが、今年最後の納めの山に行きました。いつも同様、人に殆ど会うことのない、しかも近場で手軽な低山。

今回は厚木の見城山(みじょうさん)です。<写真は見城山から相模湾の方を見る>

 

続きを読む

白砂山で遊ぶ

年内に一度は“定宿”のロッジ山旅(甲斐大泉)に行こうと、行きがけ駄賃の山として昇仙峡(山梨)に向かいました。白砂山はそのロッジ山旅のオーナー長沢さんのアドバイスで決めたのですが、登り口はオススメの獅子平駐車場ではなく、安直に昇仙峡のロープウェイを使って、完全に観光気分に変更。

まずは山頂駅から羅漢寺山(弥三郎山)に向かい、ちょっとした岩場で遊びピストンで戻りました。当日はかなり風が強く寒さもひとしおでしたが、その分、見晴らしは最高で甲州界隈の見える山はすべて見えた、そんな贅沢な展望でした。<写真は弥三郎山のまん丸岩の上より 南アルプス方面>

続きを読む

西山・法華峯林道へ往復

久しぶりの「西山を守る会」の月例山行に参加。この日の参加者はなんと19名!でした。が、そのうち地元、厚木や愛川からの参加者が大多数で自車やバイク利用。「横浜組」は本厚木駅からバス利用ですが、バスも空いていましてし、車中は窓も開いていて冷たい風が吹き込んで換気200%くらいでした。

<写真は行政境尾根の紅葉>

 

続きを読む

恩若ノ峰〜おんじゃくのみね

小春日和の一日、手近なところで楽しめそうな山はないか?と考え、いつもの山仲間のIさんと相談。いくつかの候補のなかから、この恩若ノ峰が浮かび上がりました。

 

以前行った甲州高尾山の近くで、山梨県・塩山付近から登れます。もう一人、近所の山友達を誘って早朝出発。ご近所だと、こうしたお誘いにもすぐに話がまとまります。

 

「山頂は展望がない」との前情報でしたが、この日はピストンではなく周回コースを取り、南に派生するきれいな尾根伝いに下山コースをとりました。これが大正解!

 

途中には写真のような落ち葉を敷き詰めた美しい景観の斜面に出くわし、ここでお弁当タイム。地図上で見たきれいな尾根は想像のとおりの場所で、ここを歩く為に行ったような山とも思えます。

 

バリエーション・ルートを好む健脚ハイカーは、ずっと東の源次郎岳から縦走してくるのでしょうが、ゆったりとフルーツラインの駐車場からグルリと回るこのコースは、地形図を見て行って楽しめた山として、思わずニンマリでした。

続きを読む

舟山に行く

この季節になると近郊の低山歩きが最高です。山と日本山岳会の大先輩であるY氏のお誘いで、数人の山仲間と小春日和の一日、JR藤野駅からタクシーに乗って舟山を訪ねました。

 

神奈川県相模原市・藤野町は「アートの棲むまち 藤野」と謳い「藤野芸術の家」があり、町内の道は「芸術の道」として様々な彫像やアート作品が展示されていて、そぞろ歩くだけでも愉しめる町です。町の東端の日連橋(ひづればし)を渡り、町中から離れ南に下っていくと菅井とか綱子という小さな集落があります。道志川の北側に位置し、丹沢山塊の北面を見据えるかたちになります。この当りで一番“有名な山”は峰山でしょう。今回向かった舟山は、この峰山の近くです。

続きを読む

2020年 暦展

2020年11月、実は今年もいつもの国分寺の「くるみギャラリー」にて「暦展」が開催されています。

再び盛り返してきたコロナ禍の折、なんとなくこのHPでもお知らせしませんでしたが、会期が少し短いものの、今回もきれいな手作りカレンダー、奇想天外なものなど、デザイナーさんや版画家の方たちが腕によりをかけた作品が並びました。

 

「山の絵」は相変わらずのカレンダーや絵葉書で、壁面にはカレンダーに使用した作品を4点ほと飾ってもらいました。昨日は毎回足を運んでくださっているお客様がいらして下さったので、私も当番で画廊に詰めていました。写真にて、作家さんたちの“力作”をどうぞ、お楽しみください。(すべての作品はご紹介できていません。)

続きを読む

武川岳を訪ねる

日帰りの手頃な山を訪ねるには、とてもいい季節になりました。とは言え、ここ数日の異常な暖かさは気味が悪いくらいです。週末には例年の寒さに戻っていくそうですが、コロナ禍第三波?の今、寒暖の差の激しさや乾燥も気がかりです。

 

さて、そんな日帰り山歩きで行く先を考えていた時、ふと武甲山の対面にある武川岳にまだ行っていなかったことに気づきました。武甲山に向かう人は多いでしょうが、武川岳はきっと貸し切りでしょう。コースとしては一ノ鳥居の駐車場を起点終点に、武甲山〜小持山・大持山と周回し戻るのが普通のようで、ちょっと健脚だと、妻坂峠から武川岳まで一足伸ばす人も居るようです。

 

が、超のんびり歩きの私たち(同行の山仲間のIさん)はコースタイムの1.5倍以上かけて、一つ一つの山をゆっくり辿ります。以前、武甲山を訪ねて様子が分かっていた一ノ鳥居から今日は反対の南東に向かい谷を登っていきました。

<この日もいい天気で、落葉の樹々越しの空が青く広がっていました>

続きを読む

笹尾根を訪ねる

机上での仕事が立て込んでいるなか、緑爽会(りょくそうかい)という日本山岳会の同好会での山行案内に誘われ、大好きな笹尾根を歩いてきました。

 

会山行なので、下見もしてくださったリーダー始め会員の方の先導で、上川乗のバス停から稜線の北側を浅間峠へ登ります。

今回は緑爽会の山行らしく、いにしえ『山と渓谷』を著した田部重治の足跡をたどっての山行です。岩波文庫(『新編 山と渓谷』近藤信行編)には掲載されていない箇所など資料もいただき、山中では「野営したっていうのはこの辺かなー」などといろいろと想像をしながら晩秋の笹尾根をゆったりと歩きました。

続きを読む

久しぶりの西山 秋の風情

数ヶ月ぶりに「西山を守る会」の月例山行に参加しました。記録を見ると、6月にマイカー利用で個人的に登りに行って以来です。おかげで今年はほとんどヒルの被害を経験せずに済みました。

 

この秋一番の冷え込みという肌寒い朝、電車とバスを乗り継いでの山行。久々に会員の皆さんとも会え、この日の参加者は総勢16人。マスク使用で適度な距離をおき、現地ではコースを二手に分けて登りました。そして私は一足先に休憩なしで一気に華厳山まで登ってスケッチ・タイムを確保。

<写真は華厳山の尾根途中から厚木市街が見通せる地点にて>

続きを読む

富士山頂測候所とサイエンス・カフェ

昭和生まれの者にとっては、富士山頂の一番高いところに建つ気象観測用のドーム型富士山レーダーは、ちょっと誇らしい存在でした。地上では観測できない4000m近い標高で、大きな台風の接近やそれまで不確定だった気象情報の精度が飛躍的に伸びたのです。

 

その貴重な測候所も宇宙に人工衛星が飛び回るようになると、富士山頂での正確なデータ観測は不要になってしまい、ドームは2001年9月に撤去されてしまいました。

 

その後、測候所自体すべて撤去される話も持ち上がりましたが、この高度で植生や下界の人間活動の影響を受けずに様々なデータが取れる理想的な場所は他にない、ということで現在、有志により活用が存続しています。

<写真はインターネット上より>

続きを読む

東北の山旅4終章・下山

静かな夜が明け、外に出てみると、ベンチにうっすら雪が積もっています。堅牢な木造の小さな小屋内は、氷点下にはなりませんでしたが、朝方冷え込んだわけです。

 

朝食をとっているうちに外が明るくなってきたので、私は小屋の位置からだと見える十二湖への稜線をスケッチ。

 

描き終えて山頂に行くと、雲が大きく動いては、朝の日差しが射したり隠れたり…、「天使の梯子」とも言われるチンダル現象も美しく、白神岳での最後のひとときを心ゆくまで貸切の山頂で過ごしました。

 

続きを読む

東北 秋の山旅3 白神岳山頂

さて山頂を目指し、時間を遡るのではなく、先取りしていくように深まる秋の世界に入っていきます。

雲が垂れ下がるような天気でしたが、幸い雨粒が落ちてくることはなく、そこそこの展望もききました。冴え渡る紅葉、という具合には行きませんでしたが、落ち着いた色合いの「みちのくの山」を味わいました。

 

この写真は山頂付近から、白神山地本体!を眺めたものです。この大きなブナの森の塊が、つまり世界遺産とされたのですね。特徴的なピークがある山塊ではありませんが、見晴しのよい山頂ではどこまでも続く大きなブナの森を飽くことなく眺めていました。

続きを読む

東北 秋の山旅2 十二湖〜白神岳へ

青森県の日本海側へ移動後、午後の時間を利用し「十二湖の森」へ行ってみました。想像していたより、観光地化された所でした。奥の駐車場に向かう道の途中からは、「日本キャニオン」と呼ばれている真っ白な不思議な岩が林立する山肌が垣間見え、ドキッとしました。

 

美しい自然と共に、どうして?と思わざるを得ないような不可思議な造形が至る所、自然には存在しています。その成り立ちの謎は、地球のダイナミックな歴史の中にあり、その結果の際どい均衡の上に、今の私たちが楽しんだり利用させてもらったりしているのを感じます。

 

自然を一方的に経済性から利用するばかりでは、この繊細で微妙な均衡も当然破壊されてしまいます。そしてその結果が、今の温暖化や或いは、このコロナ禍でもあるようです。

豊かなブナの森も、碧い池も、観光客を楽しませながら静かな様相をしていますが、目に見えないところで自然のバランスを精一杯がんばって保とうとしているのではないか…、そんなことも考えるのでした。

続きを読む

東北 秋の山旅1・平泉〜小安峡温泉

台風が大きく南にそれた後も天候は定まりませんでした。が、予定していた東北に向かいました。

 

一路、東北道を北に、しかし明けた朝は雨。当初は栗駒山周辺に向かおうかと考えていましたが、平泉市内でガソリンを入れたときに、すぐそばに中尊寺があると気づき、急きょ世界遺産を巡る旅に切り替えました。

おそらく初めての訪問。修学旅行で来たことはあったか?それすら記憶が薄く、ちょうどいい機会となりました。

<写真は中尊寺内の峯薬師堂>

続きを読む

生物多様性と新型コロナ

しばらく、カレンダーの発送作業などに追われて「つれづれ」の更新から離れていました。

台風は関東地方の上陸にはなりませんでしたが、伊豆諸島では暴風雨に見舞われ、ものすごい雨量になっているようです。

若い頃に、三宅島には何度か遊びに行きました。美しい海と激しい地形の小さな島。が、幸いにも今回、人的被害は出ていないそうで、それは良かったと思います。

 

さて、以前活動に参加させてもらっていた「渋沢丘陵を考える会」の方から、下記の動画をご紹介頂きました。

渦中の新型コロナ・ウィルスを自然環境との関係から解説した、とてもわかり易いものです。人間が自然に対して何を行ってきたか、これからどうしたらいいか?を考えるきっかけになれば…と思います。

 

TVでおなじみ、ダニ博士が語る】新型コロナウイルス発生の裏にある“自然からの警告”」国立環境研究所 五箇室長メッセージ

 

 

初めての常念岳2

下山の途中、沢のゴーロ(岩ゴロゴロ)で、バカでかい80リットルはあるザックを背負った青年二人が、ポンポンと軽い足取りで過ぎていきました。デカイけど、中身は発泡スチロールじゃないか?という軽妙な動き。

 

しかし下山口に居たその青年たちとザックを見て、試しにちょっと持ち上げさせてもらいました。重い!! 二人はにこやかに「登りはもっと重かったし、軽いっすよ」と。

後から降りてきたのは例のNHKクルーと写真家の渡辺氏。二人はその歩荷役だったのです。その他途轍もない三脚を括り付けたザックを若い女性が肩から下ろし配車の手配をしています。こうした裏方が居てこその番組だと分かります。

続きを読む

初めての常念岳1

里からよく見える山の一つとして、信州・安曇野からの常念岳は、甲州の甲斐駒ヶ岳と並んでダントツな名峰です。地元・松本の人は昔から「常念坊」と呼んで親しんできた山で、学校登山でも登られています。

 

安曇野方面に来るとその姿を目に留め、描かずにはいられず多くスケッチしているのがこの常念岳なのですが、何故かまだ登ったことがありませんでした。一度は行きたいと思いつつ何年も…、そこに先日、山仲間Mさんから突然のお誘いでトントン拍子に計画がまとまりました。

 

続きを読む

展望の長峰山 もう一つの顔

入笠山の翌日は高曇りで、曇天なのに展望はききました。同行の人の「蕎麦を食べたい」というリクエストで、行く先は安曇野方面と自ずと決定。それではと、登る山は以前にも数度訪ねている長峰山にしました。

 

ここは展望の山で、山頂にはたいそう立派な木造の展望やぐらが建っていますが、そこに登らずとも目前には気持ちのいいくらい北アルプスから後立山連峰まで見渡せます。特に雪のついた晩秋から早春が秀逸で、正面の常念岳を始めとして鹿島槍の先まで連なる高嶺の眺めは絶品です。

が、この日は最初にその展望を少し楽しんだあと、今まで歩いたことのない長峰山の上の散策路を巡ることにしました。これがあまり期待していなかった?のに、また歩いてみたいと味をしめてしまうような、ちょっとした楽しさだったのです。

<写真は長峰山山頂から桜の木越しの常念岳>

続きを読む