池子の森自然公園

これはイヌザクラの実です。

「西山を守る会」の仲間のWさんが、「以前訪ねたときにウワミズザクラだったかイヌザクラだったか不明なので確認がてらまた行きたい」と言って梅雨の休日に神奈川県逗子市にある「池子の森自然公園」に誘ってくれました。

 

「池子の森自然公園」とは池子米軍住宅地区(旧日本海軍の弾薬庫跡だった)が一部開放された自然度の高い緑地です。この池子米軍住宅地区は終戦後、米軍に接収されていましたが、1954(昭和29)年の逗子市政の開始とともに返還運動が始まり、ちょうど60年後の2014(平成26)年11月、接収地の一部40ヘクタールの土地の「返還を前提とした日米共同使用」が開始されました。2015年2月から「池子の森自然公園」として逗子市が維持管理を行っているそうです。

そして70年間手つかずだった自然は、2016年3月より緑地エリアとして限定開放が始まり、今回訪ねたわけです。(限定とは土日休日のみ 8:45〜17:00) 但し当日は残念ながら、森のなかの散策路は未整備(あちこちに倒木が見られた)で通行止めのため、舗装された遊歩道を辿りました。

続きを読む

懐かしの道志の山〜赤鞍ヶ岳

最近になると山歩きも、ちょくちょく行く山とは別に二つのパターンがあるような気がします。

一つは、今のうちに頑張って登っておかないと!と思う山。もう一つは昔登った山を一巡して再訪する山。

 

そして今回の赤鞍ヶ岳はその後者であり、初心者の頃よく一人で歩きまわっていた道志(山梨との県境で神奈川の水源にもなっている道志川を挟んだ山梨側の山域)を代表する山で、なんと30年ぶりの再訪となりました。

当日は白山書房の「山の本」倶楽部会員の方からお誘いを受け、梅雨時らしく終日、霧に包まれたなかでの山歩きとなりました。が、却って日差しがなく“蒸し風呂サウナ状態”にならず助かりました。霧のなかで幻想的なブナ林の姿に触れることもでき、懐かしさがひとしお増す山行となりました。

続きを読む

快晴の秋田駒ヶ岳

宿では特別に二日間とも6時前に朝食を準備してくれたので、7時ころには8合目まで入ることができました。ちょうどマイカー規制が始まる前々日、朝からの好天で地元の車が続々とやってきます。前日の森吉山で気圧が上がり始めた流れでそのまま晴天に恵まれた、花の名山・秋田駒ヶ岳。

いくつものピークで成り立っていますが、女岳(めだけ)が活火山。宿のご主人のお話ではほぼ40年周期で噴火し、前回はフツフツと静かに溶岩が溢れるような様子を街の方から多くの人と一緒に眺め、夜は赤く輝き迫力があったそうです。高山植物でおおわれた阿弥陀池や男女岳(おめだけ)などと同時に火山であることがよく分かる様相が到る所に観察できる興味深い山です。

続きを読む

花の名山 森吉山

「花の百名山」の一つでもある森吉山は長年、憧れの山。一度は行きたい山の筆頭候補でした。

花の一番きれいなのは梅雨時の6月、天気図をしつこく見て山仲間のIさんと長距離運転を交代で秋田まででかけました。この森吉山にはいくつかの登山ルートがありますが、私たちは冬の「阿仁スキー場」のゴンドラを利用していの楽チン登山です。ゴンドラに乗車の際には小雨模様で、合羽を着ての歩き出しとなりました。しかし、予想どおり!そのうち雨も上がり空も明るくなり・・・最後にはこうして山頂まできれいに見えるほどの晴れ間がひろがりました。

 

続きを読む

水沢温泉の宿

6月19日より世の中も都道府県をまたぐ移動の規制解除で、天気のいいこの週末からかなり人も動き始めているのではないでしょうか? そのちょっと一足先に秋田の水沢温泉「ヒュッテ・ビルケ」を拠点に、でかけました。

 

以前そこには乳頭山(烏帽子岳)登山のために泊まったことがあり、今回は事前に確認し快諾を得、ほぼ貸し切りでの宿泊。こうした所があったので、計画も可能でした。

 

秋田駒ヶ岳の山麓、田沢湖スキー場間近の水沢温泉で、源泉かけ流し!の温泉宿。そして魅力は“ビルケお母さん”の山の幸を主体にした手作り食材・料理の数々です。

 

続きを読む

緑の観音平

少しずつ生活や移動を注意しつつ拡げ始めていますが、ピンポイントで勝手知ったる場所ということで、久しぶりの八ヶ岳南麓にでかけました。目的地は定宿の「ロッジ山旅」、そして打ち合わせを兼ねての「日野春アルプ美術館」です。

 

今秋は三年に一度の日野春アルプ美術館での個展の年になっていましたが、館長の鈴木さんと相談し、個展は来年(2021)に一年延期することにしました。場所が場所だけに、多くのお客様は遠路はるばるいらしてくださいます。安心して気持ちよく楽しんでいただきたい、そうした思いでの判断です。

続きを読む

身近なことがら13 初夏の花たち

今日は「入梅」、一気に夏日、猛暑日続出の6月となっています。西日本は梅雨入り宣言です。

 

横浜では晴れて夏日ですが、明日からはこちらも梅雨入りしそうです。やはり梅雨に似合うのはアジサイ。

 

散歩コースに、咲き始めは純白なのに、だんだんと淡いブルーに変化していく美しい株があります。一緒に歩いていた友人が「アイスブルー」と命名。なんてピッタリな、素敵な名前! 花の美しさが、その名前でいっそう涼やかに冴えわたるようです。

続きを読む

初夏の西山

緊急事態宣言の解除が一応出され、人と出会わない近場の山なら車移動でOKか?と、二ヶ月ぶりに出かけました。

 

ちょうどここは自粛前、最後に歩いたところと全く同じコース。つまり、この西山はひっそりとしていて、こういう事態下でも適している場所なのです。

 

この二ヶ月間で山の様子はすっかり変わっていました。4月初旬、山全体淡い春色で、その新芽のグラデーションと山桜の饗宴で夢のような世界でしたが、今はすでに初夏を過ぎ、夏の様相。水気を含んだ濃い緑色に埋められ、葉が茂った山全体からは眺望もほとんどききません。

 

ときおり白い花をつけた木々や地面一面の落花に癒やされながら、久しぶりの山歩き、すでに蒸し暑いなか、大汗をかいて歩きました。

 

昼過ぎには下山しましたが、会う人も居らず、登山口のゴルフ場にて、プレーをしているおじさん達に遠目に挨拶したくらい、さまざまな鳥のさえずりに溢れるばかりでした。

 

 

続きを読む

身近なことがら12 木株の木々

この「身近なシリーズ」で何度か登場している木の切り株に植えられた幼樹の成長を、改めてご紹介です。

 

そうそう急に大きくなるものでもないのですが、それでも目を引くのは、この新芽です。

初めはこんな所にいろんな幼樹を植えて、一体根が着くのかな?と思っていましたが、虫に食われたり様々な受難があっても、5月末には新しい若葉の芽生えを観察しました!

 

素晴らしい生命力です。

ちなみにこの写真は虫食い被害にあったあのコナラです。

続きを読む

身近なことがら11 木のことなど

散歩コースにあるお宅の木を毎回見つめていました。

写真は4月19日のものです。淡いクリーム色がひときわ目立つ葉で、なんだろう?と思っていましたが、ひと月近くたちようやく分かってきました。

色もクリーム色からメイ・グリーンに変わり初夏の風情。

切れ込みが深い葉の形も明確になってきました。

おそらくこの木はトウカエデだと思います。

ということは、秋にはまた紅葉するはずです。楽しみに観察を続けていきたいと思います。


続きを読む

身近なことがら10 花など…

この季節、山を歩いていると登山道に白い落花が一面なことがあります。椿のように花の形ごと落ちます。エゴノキです。

 

見上げるとこの白い花が枝一面に垂れ下がるように咲いていて「ああ、この木はエゴノキだったんだなー」と花期だと分かるのです。

 

可愛い実がなりますが、これは表皮が有毒で、食べると喉がえごくなることが名の由来だそうです。聞くところでは、この毒を利用し、川に流して一時的に魚を気絶させて捕る漁もあるとか。

また、サポニンという成分を含んでいて、水に溶けると泡立つので、昔は石鹸の代わりに使っていたそうです。

 

続きを読む

身近なことがら9 山菜

先日、福島県南会津・只見の和子さんより山菜をいただきました。春の山の香りがいっぱい!

左から こごみ、うるい、アスパラ(これは地元の知合いの生産)、山うど。

さっそく「こごみ」と「うるい」は茹でてマヨネーズ、酢味噌和えで。アスパラはそのまま焼いて醤油マヨ、山うどは皮まで全部使ってきんぴらにしました。

続きを読む

身近なことがら8 ウタマロ石鹸

手作りマスクです。「西山を守る会」でも一緒の、昔から山含め人生諸々の先輩でもある友人Wさんのお手製です。

 

色も柄もお気に入りです。右側のは浴衣生地です。見るからに涼しげですが、実際これらの布製マスクをつけると、この暑さのなかでは不燃性マスクを付ける気にはなりません。

 

帰宅すれば、どうせ手を念入りに洗うことになるので、一緒にこのマスクも洗ってお天道様に当てて干します。その時に登場するのが「ウタマロ石鹸」です。

続きを読む

身近なことがら7 ドーサ引き

在宅の時間を利用し、部屋の片隅にある筒状に巻いた紙類の整理をしました。和紙、薄葉紙(うすようし)、模造紙、包装紙などの菊判(636×939㍉)などが束になってあります。

 

私は山中で大きな絵を描きたい場合はこの和紙を巻いて筒に入れ、濡れないように大きなゴミ袋で包み、ザックの脇にくくりつけ運び、現場でそれを拡げて描きます。山中では気象が厳しいので、雨や雪の水分に強く破けにくい丈夫な手漉き和紙を当初から使っています。

天気がよく風も殆どなかったので、その紙の下準備をしました。

 

この和紙はこのままでは水分が滲んでしまい、水彩は描けません。そこでドーサ・礬水=膠(にかわ)と明礬(みょうばん)を溶かした液=を引きます。日本画の人には必須の作業でドーサ液から自分で作りますが、私は出来合いのものを購入して安直に使っています。古い毛布の上で引きます。(ちなみにこの毛布は車に常時ツンであり、車の脇にテントを張ったときなど大活躍です。)

 

 

続きを読む

身近なことがら6 伐採された林

ついこの間まで肌寒い日もあったような…、それなのに突然の夏!です。この目まぐるしい激変「昔の季節の移ろいとは違うのだ」と言い聞かせても、あまりにもの激しさに本番の夏到来に不安をいだきます。

 

しかも気象情報では「この夏は“誰も経験したことのない”暑さ」と言っているではありませんか! 経験したことのない暑さは、今までに充分“経験済み”と思っていましたが…?

 

散歩コースで見かける見事なケヤキも、一枚も葉のない姿から一気に夏の様相になってしまったように感じるほど。この大きな、ちょっとしたビルほどの高さ・容量にまで育った立派な姿を見ると、山に抱くのと同じような畏敬の気持ちを感じます。

 

そうした人間の生きる尺度とは桁の違う生き方をしている木ですが、その生命を戴き利用させてもらうのではなく、全く人間の都合?(身勝手とも言える)でいとも簡単に伐り倒してしまう事があるのだと云う話を今日は下記に記します。

続きを読む

身近なことがら5 霧の朝

わりと好天のGWでしたが、風が強かったり、夏のような蒸し暑さかと思うと朝は肌寒かったり、寒暖の差も相変わらず激しく落ち着かない日々でした。

 

夜半に雨とまでいかなくても霧が深い朝の散歩では、視界が悪く回りが見えにくのですが、逆に普段目にできないものが見えたりします。

 

クモの巣は、霧がかかると一番に美しく目につくものです。

 

 

続きを読む

身近なことがら4 木のことなど

散歩コースの切り株植木鉢の幼樹たち、ときおり気にして見ていますが、つい最近にはこんな倒木のコワッパが添えられていました。なんの為か? これで乾燥を防ぐとか?

 

4月下旬のGW前半直前までは、まだ肌寒かったのがウソのように、5月に入りGW後半には夏のような「暑さ」です。場所によっては30℃超えと言っています。

 

こんな激変の陽気自体が、この頃のさまざまな異変の代表格と感じます。そもそも「雷三日」とかのことわざがあるように、不安定な気候ではありますが、それにしても…です。

 

そのおかげで、散歩コースの木々や花々の変化もみるみると激しく移り変わっていき、観察のし甲斐があるというか、追いつかないくらい。下記に数日で変化している木々たちの様子を写真にてご紹介します。

 

世の中は新型コロナウィルスのニュース一色ですが、忘れてならない「気候変動」や「災害」に対しても気を抜けないと感じます。

 

 

続きを読む

身近なことがら3 草の花

散歩の時々に写真を撮って歩いていますが、花の名前がわからなくてアップできずにいることがあります。

 

しばらく間が空いてしまいましたが、この白く清楚で美しい花は、とても一般的な花、ヒメウツギでした。

 

山で見かけるヒメウツギはもっと大きな木本(木)だったので、せいぜい膝下くらいの丈で咲くこの花、最初は草か木かも判別出来ませんでした。調べてみれば、庭木などで一般的に出回っていたもので、花屋さんでも売っているとか。

 

いつも一緒に西山を歩く仲間の女性に尋ねたりして、やっとわかりました。でも、こうしてちょっと手間取りながらものを調べることは楽しいですし、なんでもググればわかってしまう一点追求=承諾(分かったつもり)、とは別世界の好奇心の海原に乗り出せます。

 

山に行けない自粛の時間ですが、この時間がなければ散歩道はただ単に通過するだけの所だったと思います。

続きを読む

身近なことがら2 春の雪

これはすでに10日前の写真です。この時期に雪!と驚いたので、敢えて日時時間を入れて撮影しました。

神奈川県内横浜市内より見える丹沢山塊の相州大山、丹沢です。

前日に嵐のような風雨でしたが、山の方はしっかりと雪化粧。標高1252mの大山もちょうど千メートルくらいから上が白くなっています。春だと空気が霞んでしまいますが、この日は強風と雨で大気の汚れも洗われたせいか、遠方の奥多摩方面もよく見えました。

大山のずっと右側にある最初のピークは塔ノ岳です。丹沢を訪ねる登山者の殆どがこの大山と塔ノ岳に集中していると思います。ということで、私はもう久しくこの当たりには行っていません。

続きを読む

身近なことがら1 切り株の木

山に行って絵を描くことができないので、近場の散歩コースで面白いものを見つけています。

 

昨年の秋に立て続いた台風によって、近くの散策路にあった木々もかなり倒れました。直後は通ることも出来ないくらいの状態でしたが、しばらくするときれいに片付けられ、伐られた倒木が脇に寄せられていました。

 

かなり大きな木も上の方で折れてしまったものも多く、そうした木々はみな下の方から伐られて、大きな切り株がいくつも残りました。そして杉と思われるその木株は中心部が空洞で残っていたのですが、ある日散歩で通りかかると、そこに小さな苗木?が植えられています。

続きを読む