北海道の旅Ⅱ

暗くなる前に駅まで戻ろうと16時頃に「北のアルプ美術館」を失礼し雪道を歩き出しました。空は夕刻に向かい淡い桃色に染まりだし、振り返れば生クリームをもっこり盛ったような純白の海別岳が雑然とした町の向こうに、この世のものとは思えない美しさで在るのです。息を呑むような神々しさ… ほとんど車も来ない車道の真ん中に立ち止まっては、思わず小さな画帳に描きます。

 

もっと見える所があるはず!もうすぐ夕闇になってしまう!と心は急くばかり。何度も何度も振り返りつつ駅に向かい必死で小走りし、駅手前に線路をまたぐ高架橋を見つけました。駆け上るとやはりそこからが一番よく海別岳だけでなく斜里岳もよく見えます! 

手元が見えなくなるまでスケッチしていると、辺りはもう真っ暗。白い山もぼんやりとして、もう形がつかめなくなっています。やむなく駅に戻り「本当に美しかったなー」と感慨に耽りつつ、冷えきった身体を暖かい駅舎の待合室で温まりながら夕刻の鈍行列車を待ちました。今夜の宿は清里町、斜里岳の麓にあるペンションです。

ペンション「ロッジ風景画」は昨年末、たまたま耳にしたNHK第一の「ラジオ深夜便」の「日本列島くらしのたより」にオーナーの山下健吾氏がリポーターとして登場していて、その存在を知りました。

早速翌日ネットでペンションを調べ、メールにて連絡を取ってみました。そして場所が「北のアルプ美術館」とさほど遠くなく、列車で行っても宿へ送迎して下さるとのことで、旅の計画の具体化にグッと力を与えてくれました。

 

斜里岳を描きたかった私にとって、居ながらにして正面に山を見ることの出来る宿は願ってもいませんでした。でも実際は生憎、前夕 高架橋で描いて以降、斜里岳はずっと雲に隠れて全貌を見ることが出来ませんでした。

しかし斜里岳や海別岳を近くに見て、北側にはオホーツク海を望める自然豊かな只中にあるこの宿は、これからも北海道を訪ねるときには大きな魅力(足場)になることに違いありません。

北海道の旅Ⅰ

過去にも登場したJR東日本の「大人の休日パス」ですが、冬期間(今回は1/21〜2/2)を利用して五日間の北海道の旅に行ってきました。日頃の雑用の山で中々一歩を踏み出せないでいるところ、山岳会の先輩方から『北の国には冬に行け、南の国には夏に行け』という欧州の諺がある…とご自分の体験も踏まえて背中を押して頂き出掛けてきました。

 

すべて鉄道利用で青森までは新幹線で移動しても、あとは在来線の乗り継ぎです。今回の目的の知床斜里にある「北のアルプ美術館」までは往路で二日間費やしてやっとたどり着きます。そして帰路にまた二日間必要で、中日一日を斜里岳の麓で過ごしました。

写真は函館〜札幌に向かう「スーパー北斗6号」の車窓から見た駒ケ岳です。北海道に入ると青い空になりました。)

初日は旭川に投宿し、二日目は石北線「オホーツク1号」にて網走に向かいます。初日の札幌までの移動では自由席が超満員で大変な思いをしたので指定をとっておきましたが正解でした。同好の士(中高年の“お得パス”利用者)も多いのですが、もっと多いのが中国からの家族旅行、その他韓国、タイの若い女性グループもありました。ちょうど天気もよく、白く拡がる広大な北海道の美しい景色が車窓に流れます。海外から遥々日本での旅、好天でよかったなーと思いつつ、楽しいものであるようにと願いました。

(写真は網走から知床斜里への各停車窓から見えたオホーツク海に浮かぶ白い知床連山=半島)

 

網走から各停に乗り継ぎ「知床斜里駅」で下車し、今回の目的である「北のアルプ美術館」に徒歩で向かいました。思い返せば、このアルプへの往復時が今回の旅で一番天気がよく、街なかから純白で神々しく浮かび上がった斜里岳と海別岳(うなべつだけ)が最もよく見えたのでした。

アルプでは以前の訪問以降に新設された「串田孫一の復元書斎」や、企画展の「田中清光展」を見せて頂きました。串田孫一が、今もちょっと席を立って外しているだけかしら?と感じさせるような落ち着いた雰囲気ながら活き活きとした書斎が復元されていました。(写真は北のアルプ美術館外観)

 

近場で雪山

関東平野にも初めてまとまった雪が降った先日、これ幸いと溶けない内に近場で雪遊びを!と出掛けて行きました。

横浜市内でも若干の雪かきをしたのだから…厚木辺りで遊べるかと思いきや、全く雪がありません。これには驚きました。

 

結局、普段から積雪の多さの境目となっている清川村を過ぎた土山峠より向こうに行かないとダメだと分かり、予定になかった宮ヶ瀬湖から高取山にとりつきました。

 

同じことを考える人はいるもので、トレースはすでに何人分かついていました。

昨年、冬山用に新調した登山靴の試し履きも兼ね、アイゼンの調子をみるにも丁度いい按配の雪で、宮ヶ瀬越まで登ると、家族ハイキングの山である仏果山(ぶっかさん)が何とも立派な姿でおでましになりました。(上の写真)

 

そして、南西の風が強く登りでもかなり吹かれていたのが、高取山山頂までたどり着くとピタっとなくなり、なんとも居心地のいい貸切の昼時となりました。足跡をつけた登山者達はすでに皆、下山したらしく静かな山頂。一帯は布団のように雪が積もっていて、木々の青く長い影が白い雪に伸びた向こうには丹沢の主峰が逆光で眺められました。

 

 

行きがけ、登山口から暫く登ったところに山の神の祠がありました。

何もお供えものがないので、きれいな雪をとって三つ雪のお団子を作り差し上げました。

気温が低かったためか、下山時に見てみると朝と同じようにちょっと溶けた白いお団子がそのままにありました。

雪の誕生日

大学時代、同じ油絵科のクラスで四年間一緒に学んだ友人が昨年末に悪性リンパ腫で亡くなりました。

 

三十代の半ばにニューヨークに渡り、アルバイトをしながら帰国することもなくコツコツと作品を描き続け、ここ数年ではコレクターも在るほどの作家活動、“real painter”ー現地友人言ーだったようです。

 

学生時代から優秀だったけれど、温和で心優しい人柄から生まれる作品には静謐な空間が拡がり、作家として本当ならこれからもっと創作してほしかった…、ひどく残念です。

 

 

昨年、私はそのAさんの見舞いなどで入院先や地方の実家などを行き来しつつ過ごした十ヶ月間でしたが、海外で元気に活躍し続けていたら会うこともなかったかもしれません。油彩だけでなく、青墨を使い香るような美しい文字を書き、加え篆刻も見事に造っていたその人の、雪の日・今日は60回目の誕生日でした。

鉢岡山から金剛山

年末から何故か藤野界隈づいていて、暖冬でポカポカの陽気のなか、また低山ハイクを楽しみました。

今回は横山厚夫さんご夫妻にお声をかけて頂きご一緒させてもらったのですが、昨年からの“懸案”だった鉢岡山にまず向かいました。

 

この辺りも明るく開けた谷あいに名倉などの集落をかかえており、なんとも云えぬ長閑な趣きを味わいながら歩けます。そして山頂に向かっていけば、なにやら大勢の人の声が…。

やはり天気もいい休日だといつものように「貸切」と云うわけにはいきません。先客で15人以上の団体さんが休憩中でした。

するとその中のお一方が「横山厚夫さんでは?」と声をかけられました。お話を聞けば横山さんの著書数々の愛読者であり、以前打田鍈一さんの出版記念会の時にはいっしょに記念撮影もしました、とのこと。

そして団体さんがそろそろ出発というところで、横山さんご夫妻に「すみません、写真を一緒に撮らせていただけませんか?」となり、突然の“撮影会?”が始まったのでした。傍に居た私は横によけながら、これは大変なことになったなーと思いつつ、自分もその一場面を脇から撮らせてもらっていました。それがこの一枚です。

 

その方は私の絵のこともご存知でしたが、奇遇なことに私が豆にチェックしている山関係のブログの管理者でもあったのです。これには驚きました。どういう方が書いてられるのかな〜とずっと思っていたブログの執筆者ご本人と偶然山でお目にかかり撮影会になったなどとは・・・。

山の世界は本当に‘狭い’と身を以て実感した一件で、愉快な思い出となった鉢岡山でした。

新年鍋パーティー山行

昨年末から仲間の都合がつかず何度か流れていた忘年山行が、年明けの新年山行で実現となりました。食材と鍋、コンロを持ってどちらかというと山行というより鍋パーティーに重点が置かれています。

 

「宴会場」は藤野駅から歩いていける展望台、石楯山のベンチです。暖かいとは言え真冬の平日、私たちの貸切宴会場となり、二台のコンロで鍋を作り最後はうどんにて満腹。電車利用でビールもOK、食後にはお茶をわかしてベンチにて山談義も尽きません。ちょっと風も冷たくなってきた頃、荷物を片付け、小山散策とは思えない大きなザックをそれぞれが担いで散策路に向かいました。

 

腹ごなしを兼ねて名倉峠からもう一つ向こうの京塚山(358m)まで足を伸ばします。低山ですが、一応「藤野十五名山」です。

この藤野周辺の散策路は、駅に付属している観光協会「ふじのね」に置いてある「藤野・なぐら地区てくてくまっぷ」を参照して歩けるようになっています。

 

駅から近いわりに雑木に囲まれた山道は落葉でふかふか、冬枯れで明るく見通しもよく、のんびりと気分よく安心して歩けます。

 

 

向こうの山に白いモノが張り付いているのがお分かりでしょうか? 実はこれは封筒をもじったモニュメントです。藤野は芸術村があり、町内の至る所に彫像などの作品が設置されています。この巨大封筒、ちょうど藤野町が相模原市となり五周年ということで、開封された中に「5」と云う数字が表現されています。

ただの山歩きだけでなく、藤野町の散策はこうしたちょっとした‘お楽しみ’もあり、草花の咲いていない冬の時期にもひと味ちがう穴場的なコースとして歩けます。駅付属の「ふじのね」には地元の作家さんの作品や作業所の品々、手造りお菓子、おしゃれな小物などが並んでいます。お土産を探しに立ち寄って行くのにも最適です。

2016年幕開け

新年明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

写真は横浜港本牧方面の東の空です。

中央少し上に小さく白い点が見えますが、それはひときは明るく輝く明けの明星金星です。カメラの性能(腕?)が悪くてもどうにか映りました。

2016年元旦、まさに日の出を迎えようとしている美しい空を見つめつつ、新年を迎えました。

 

昨年も様々な出来事、事件・事故もありました。

日本の立憲の根幹を担う憲法もこの先どうなるのか・・・。

今年もまた、次の時代を生きる若者・子供たちのことをしっかり考えて行かなければならないと思います。平和だからこそ私たちの日常があり、山にも行け絵も描けるのです。