いよいよ・・・

いよいよ今度の週末に個展の搬入です。

♦会期は4月4日㈪から10日の日曜までです。

写真は部屋にまとめて置かれている作品の一部と小物もろもろ。大きな作品やその他は、現在、画廊隣りの「ハヤカワ画材」で額装中です。

 

慣れているとは云え、ここまで辿り着くまでは、床面が見えない…、机面が見えない…、そういう生活でした。多少、その状態からは片付きました。

 

後はこの大量の作品群と小物類を自車に積み込むのもちょっとした「職人芸?」、何故か私はそれを得意としています。さて、今度もうまく積めるかな??

 

かわいいブローチ

色とりどりのアクリル毛糸で編んだブローチです。

 

もともとは「西山を守る会」のバザーのためにアクリルたわしを作っていた会員のメンバーが「これはブローチにもなる」「たわしより小さいサイズで、ミツマタを模して編めばもっと可愛い」とアイデアを出して工夫したものです。

 

「山の絵」個展には毎回、これらのアクリルたわしやかわいいブローチが会場に並びます。いつぞやは、私が胸につけていた椿を模したこのブローチを目にした女性が、どうしてもそのブローチが素敵なので欲しいとおっしゃり、お譲りしたこともあります。

 

この手づくり品は販売用ではありませんが、気に入った方には一つ100円のカンパでお譲りするようにしています。今回の個展会場にも並ぶ予定です。(ちなみに宣伝をしている私は編み物を全くできません(;_;)

 

カンパしていただいたものは、この「つれづれ」にも度々登場している「西山を守る会」と「渋沢丘陵を考える会」の活動に寄付させて頂いています。

 

会場に足を運んで頂いた折には、こんな可愛いグッズにもちょっと目を向けてくださったら幸いです。

渋沢丘陵の今

これは先日、八国見山(やくみにやま)下の電波塔から撮影した嵩山(たけやま)です。

昨年前半までは向こうまで雑木林が続く中をずっと歩いていけました。今は草も木もない、土がむき出しになった荒涼とした景観と化しています。ここは神奈川県が自ら「人にとっても生き物にとってもこんな素晴らしい環境は末永く残すべき」と環境調査書に書き、環境評価報告書では総合評価最高ランクのA1をつけた場所にもかかわらず…です。

 

ここに何ができるのか・・・神奈川県西部、相模湾が見通せる大磯丘陵の一部、渋沢丘陵と呼ぶ20ヘクタールの自然豊かな里山と急峻な谷をもった丘稜を崩し、その残土で埋めた後には15000基の墓石が並ぶ墓地が造られます。「渋沢丘陵を考える会」では2013年にシンポジウムを開いたり、県や秦野市に申し立てを行ったり様々な活動をしてきましたが、工事は開始され物凄い勢いで破壊されています。

墓地を造るのであれば、このような大掛かりな埋立工事の必要のない代替え地が渋沢周辺にあることも提示していました。何故わざわざこの丘稜と谷を潰すのでしょうか? 巨大な利権と欲の為でしょうか・・・。

(下の写真はクリックすると大きく見ることができます。)

続きを読む

ミツマタ桃源郷

丹沢前衛、厚木荻野地区にある西山三山。一番南に位置する荻野高取山は採石によって日々、山容を崩され山自体が失われつつありますが、その高取山に達する尾根の一つに松石寺尾根があります。その尾根の下方、大平高取登山口にはミツマタが群生していて、この時期には美しい淡いクリーム色から黄色のグラデーションの世界になります。

 

新聞や地元ミニコミ紙などで宣伝されたこともあり、多くの方が訪れたり、西山登山も兼ねた山ツアーも組まれたりとここ数年賑わいを見せています。

「西山を守る会」のブログでは13日㈰に七分咲きとありました。明日からの晴れ間には満開のミツマタが楽しめると思います。

 

続きを読む

ギッフェリ・カフェの春

先週末、前半の展示を終えたギッフェリ・カフェ。それまで白い雪景色や残雪の青い山が中心でしたが、後半に向け春っぽい絵に入替えました。一気に店内の雰囲気が変わるのが不思議です。

これから最終日の18日㈮に向けての平日10:30〜15:00まで、美味しいパンを食べながらのランチやティータイムに、散歩がてらお近くの方はどうぞお越しください。(詳細は「お知らせ」にて)

春に向かい・・・

先日、東中野の「間・Kosumi」というギャラリーでの玩古堂(がんこどう)「陶印展」を見に行きました。私の作品に押印している篆刻は大半がこの玩古堂のものです。今では松本冬美さんが粘土をこね焼いた陶器製の美しい印に印影を彫って作製しています。私にとってはなくてはならない落款ですが、冬美さんの作品は落款と言う実用以前に、手元に持っているだけで幸せになるような美しさと心地よさで宝物のような手づくり小物です。

 

恒例の高崎市内の珈琲豆専門店「大和屋」での展示会(今年は三月下旬)を私は毎回楽しみにしています。

続きを読む