雪の守屋山と最後の銭湯

安達太良山で味をしめ、残雪の山歩きにまた出かけました。行く先は直前まで迷っていましたが、結局、諏訪湖近くの守屋山にしました。山頂で出会った「守屋山を愛する会??」の連日登っている男性に聞いて分かったことは、数日までなかった雪が低気圧通過でかなりの積雪になったとのこと。タイミングよく出かけたことになります。

(写真は西峰から見下ろした諏訪湖とそれを取り囲む霧ヶ峰方面の山々です。)

続きを読む

烈風の安達太良山

新幹線が郡山から福島に向かう頃、左手に美しくなだらかな山容を呈しているのが安達太良山です。冬は真っ白、そしてこの三月はもっとも雪がたっぷりとついている時期ですが、山頂付近は猛烈な強風で名立たる山でもあります。往路、東京駅の新幹線ホームでかなり軽装な「山ガール」姿の女子が居たので「どこの山へ?」と尋ねると「安達太良山です」と。エッ!その軽量ザック・格好で?と内心驚きましたが、こちらはしっかりとフル装備でのぞみました。

(写真は晴れている薬師岳ーゴンドラ山頂駅付近ーから見えた山頂部)

続きを読む

榛名梅林の一日

群馬の烏川南には和歌山県に次ぐ全国第二位の生産量の梅林があり、榛名山南麓には上州三大梅林 ・秋間(あきま)梅林 ・箕郷(みさと)梅林 ・そして榛名(はるな)梅林があります。

 

3月半ば近くでは横浜周辺の梅はすでに散り始めていましたが、上州では今がちょうど見頃、満開に香るなか気分良く歩くことができました。

 

日本山岳会の同好会例会にて、好天の一日、榛名山を背景にしながらの梅見散策を愉しみました。

続きを読む

秩父の名峰 武甲山

武甲山(ぶこうさん)と言えば押しも押されぬ秩父の名峰です。が、まだ登ったことがありませんでした。何十年と山登りをしていても、そうした何故か登り残してしまっている山というのが幾つもあるものです。

 

そこで春にはまだ浅い今の時期、有名ドコロの名峰も今なら人も少なく静かだろうと、ついに初めて訪ねることになりました。

 

写真は山頂の「第一展望台」という一番高いところからの展望で、遠く白く見えるのは浅間山です。天気よく、新潟県境の山々まで見通せましたが、浅間山は別格、白い噴煙までよく見えました。

続きを読む

鉄道風景画の世界

すでに2月のことで今回の展示は終了していますが、毎年春と秋、東京駅近くの「八重洲ブックセンター」1Fエスカレーター脇のスペースにて鉄道風景画家 松本 忠さんの展示会が開かれます。最初はたまたま通りがかりだったのですが、以来何度か足を運んで見せてもらっています。

 

松本 忠さんは現地で取材した写真を元に精密、繊細、とても丁寧な作画をされています。鉄道好きな人はもちろん、昔地元で活躍した懐かしい鉄道風景などを目にすると、ほのぼのした気持ちになります。

 

続きを読む