ギッフェリ・春の「山の絵」展始まりました

3月30日より「ギッフェリ・カフェ」での展示が始まりました。新型コロナの影響が心配されていますが、カフェは通常通り営業するとのことです。

 

徒歩など安全にご来店頂ける方など、今の時期は限られてしまうかもしれませんが、4月いっぱいの平日、どうぞよろしくお願い致します。

 

私自身は、このギッフェリ・カフェで働いている作業の方たち、スタッフさんたちが毎回、とても喜んで絵を見て下さるのが、一つの楽しみです。

 

皆さん、率直でウソのない感想を伝えてくれます。お世辞も何もない「本当の気持ち」は鋭く真っ直ぐに届きます。世間の尺度とは別次元の、代えがたいものといつも感じています。

 

 

続きを読む

桜とともにギッフェリ・カフェ いよいよ!

週末、作品の搬入と飾り付け作業をしました。 

それまでの展示を片付け白い壁になったところに「山の絵」を飾りますと、一気に店全体の雰囲気が山の世界に変わるのが、不思議です。

 

展示作業を手伝ってくれた店の男性スタッフさんの飾り終えたときの「ワー、山のなかに居るみたい!」と言う感想はとても嬉しかったです。

 

新型コロナで落ち着かない日々ですが、足を運んで頂ける方は、狭いながらも気分だけは広々とした山の世界へ〜! そして美味しいクロワッサンでのコーヒータイムにてお寛ぎください。

続きを読む

春の雪・榛名山

巷のサクラも満開近く、気温が20℃越えする日もあり一気に春めいてきているなか、突然の雪景色。

高崎市内の「大和屋」というコーヒーショップの2階ギャラリーにて、彫金作家「草野工房」さんが恒例の展示会をやっているのに合わせて、駄賃の山・榛名山へ足を延ばして来ました。展示会の会期に合わせたその日は、冬型気圧配置が残っていて、高崎市内から榛名湖に向かうに連れて雪模様。取り敢えず前回来たときに歩いて勝手知ったる「スルス峠」辺りをのんびりブラツイてみることにしました。様子は下記の「フォトギャラリー」にて…。<写真は春の雪にけむる榛名富士>

続きを読む

七沢の春

春らんまんと言った一日、友人と丹沢山麓の七沢周辺に散策にでかけました。山なら早朝出発が当たり前ですが、今回は介護の親御さんをデイケアに見送ってからの友人と一緒なので、出足はそれなり。

 

そしてむしろ神奈川県、唯一の村という清川村に昨年出来た本格的イタリアンの店「クワトロ・四季」でのランチが主目的?のような雰囲気でもありましたが、散策コースでは小さな春がたくさん迎え待っていてくれました。

<写真はニリンソウ、一輪ずつしか咲いてませんが葉っぱはニリンソウです>

続きを読む

白山書房の『山の本』

『山の本』という山の本です。

この号で111号、季刊誌(年4回)なので、すでに28年近く続いている雑誌ということになります。紙の本、雑誌、本屋…出版業界を取り巻く昨今の厳しい状況を考えると、よく続いてきたと思います。まずは頑張っている白山書房に敬意です。

 

私は創刊号からの読者でした。

そして2008年の63号より、熊谷 榧氏(戦後の洋画のみならず日本の画壇を代表する画家・熊谷守一の娘)の後釜として挿絵を担当し始めました。当初は熊谷 榧さんを引き継ぐとは…と緊張していましたが、この仕事は自分にとって、モノクロで表現するという新しい世界を開いてくれました。

 

また2011年の75号からは絵に短い文を寄せて書く、画文の連載の担当も始まりました。これも簡潔にまとめた文章を書くという、ある意味長く書くより苦労しますが、いい勉強になっています。気づけば、この連載も今回で37回目。10年目に突入しました。

 

 

続きを読む