石楯山

大学のクラスメイトであり、絵描き仲間でもあり、且つここ数年前からは日本山岳会に於いても図書委員会などに誘い込み一緒に活動しているKさん。その頼もしいKさんがリーダー役になって、山の大先輩であるY夫妻とご一緒する久しぶりの山に出かけました。これ以上ないという好天に恵まれ、山ではヤマツツジが見事に咲き迎えてくれ最高の一日となりました。

続きを読む

栗生山(くりゅうやま)

静かな山に行くのはいつもの事ですが、今の時期はなおさら。アカヤシオの咲く山も、まだ今なら貸切で楽しめるだろうと選んだのがわたらせ渓谷沿いの栗生山です。

 

行きたい山のストックと云うのがあり、そこには渋い山含め季節ごとにたくさんのリストがあります。地図を見てもわずか一時間ほどの行程の山にわざわざ出かけるのを勿体ないと感じるかどうかは人それぞれ。そこは亀の歩み、半日充分に楽しめ、往復の車窓では早春の色を満喫のドライブ、且つ下山後の温泉付きとくれば、もう文句なしです。

<写真はアカヤシオと赤城山>

続きを読む

豊かな山桜

記録的な暖かさの三月が過ぎ、それと共に一気に咲き散り急ぐ2021年のソメイヨシノ。

かつて母を連れてのツアーで桜見物の東北各地を巡ったのはGW間際で、ガイドの人は「一番いい時期に当りました」とご満悦、ホッとした表情だったことを思い出します。それを思うと、完全にひと月早い季節の巡りです。

 

山が一番美しいのもこの桜が咲く頃で、日一日と芽吹きが進み、淡い色合いで山全体が包まれ、毎年のことながらウットリしつつその中を歩くのは至福の時です。山を彩るのはヤマザクラ、オオシマザクラ、マメザクラなど。これらはもちろん、花を咲かせ実をつける桜です。

 

<写真にて、3月下旬に訪ねた我がホームグラウンドの西山の様子をご紹介します>

続きを読む

身延山 久遠寺の桜

写真は「これぞ正しい日本の春」と言った構図ですが、身延山ではなく、帰路に立ち寄った「大法師(おおぼし)公園」からのショットです。この日は、甲斐大泉にある「ロッジ山旅」のオーナー、山旅師匠(山のガイド)の長沢さんの特別企画に便乗して、桜の名所山歩きに参加させてもらいました。

 

行く先は身延山・久遠寺とのことですが、当然桜見物だけでなく、ちょっとした山歩きもあります。なので山の出で立ちで参加しましたが、それも最初だけ、あとは身延山の墓地周辺に出て久遠寺境内に入ればまさに観光ムード、いや参拝ムード。ちょっと場違いなザック姿でしたが、気づけば菩提寺の日蓮宗総本山である久遠寺を訪ねたのは初めてでした。最高のタイミングである桜の頃に合わせた訪問となり、とてもいい山行、眼福でありました。

続きを読む

満開のミツマタ桃源郷&沓掛館山

春の陽気で連日、各地のソメイヨシノ開花宣言が相次いでいます。3月初旬に訪ねた「ミツマタ桃源郷」もちょうど今が盛りと思い、再訪してみました。たくさんのミツマタ、背の高いもの、少し登った場所のもの、とグラデーションに次々と花期を変え見事な「桃源郷」となっています。今週末の見頃にあいにくの天候になりそうで、それが残念です。

満開のミツマタは白っぽいもの、黄色が強いものと色も淡く変化し、それは美しく咲いています。

続きを読む