鈴木澄雄写真展@上野村

暑さだけは相変わらずですが、不安定な天候が続きます。そんな立秋後の一日、山友達の休日を利用して一緒に群馬県の上野村まで「鈴木澄雄写真展」を見に行ってきました。(会期・場所などの詳細は上のブルーの字をクリックしてください)

 

鈴木澄雄さんは1970〜80年代、丹沢を沢中心に隅々まで歩き取材し、その後、ブナをテーマに全国各地の山を回ってきた写真家です。90年代にかけて丹沢のブナの立ち枯れ問題が目立ってきた訳ですが、そうした自然環境の問題にも着眼しながら、最終的には一番丹沢に似ていると感じた奥会津・只見のブナの森に仕事場を移され現在に至っています。

 厳しい自然の中に分け入り忍耐強く取材をされ続けるなかにも、小さなものにもきちんと眼を向け捉え続けている優しさが感じられ、見ていても心が和みます。

水蒸気というか日本特有の湿度を感じさせる写真作品の数々には昔から惹かれています。

続きを読む

夏山の写真・飯豊

お盆休みも一段落。台風10号の影響で全国的に天候に恵まれなかった夏休みでしたが、私は『山の本』(白山書房・季刊誌)秋号の挿絵の仕事もあり、連日の暑さのなか、静かにこもって絵を描く日々でした。

そこで夏山気分が今ひとつ盛り上がらないので、一昨年の飯豊連峰の絶品夏山写真を再度アップすることにしました。

しばし「これぞ、日本の夏山!」と言った画像をご覧ください。(今どきはこういうのをインスタ映えすると言うのでしょうか??) このホームページの現在のタイトル帯写真に使っているのも飯豊の巨大な残雪写真です。

続きを読む

吾妻小舎を訪ねて〜

福島の吾妻小富士、浄土平、そして東吾妻山に行ってきました。

 

写真は浄土平から見た一切経山です。この山は現在も活動中火山で、今は火山警戒レベル1。吾妻スカイラインも通れますし(夜間通行規制はあり)日中は大勢の人で賑わっていました。但し、浄土平レストハウスの店舗は休業中でした。

いつもここに来るとお世話になっている吾妻小舎は、この一切経山が登山禁止となっているせいで、キャンセルが相次いているとのこと。とてもいい山小屋(車で入れる場所にあり、二食付きでゆったり泊まれます)なのに勿体ないことです。(写真は浄土平から見た一切経山)

続きを読む

北海道の沼巡り・湿原の花

少し間が空きましたが、北海道の山旅の最終回です。行程を前倒しにし、最後は登山ではなく沼巡りのコースを見つけて散策にしました。が、これが思いのほか良くて、高山植物を堪能したあとに湿原の花にまで出会えて、どうにか持ったお天気のなかで北海道の自然をそれなりに満喫できました。

 

歩き始めは「大雪ヒグマ情報センター」という建物内から沼巡りコースに入るようになっています。ここはそれこそ冗談ではなくヒグマの出没多発地帯で、係の方が見回りに出て、痕跡が顕著な時には入山禁止にするくらいです。当日も、写真に写っている向こうの山の雪渓上に数日間続けてヒグマが観察されているとの事で途中で通行止めもあり、雨や雪解け水でコース水没箇所もあることから、この「緑沼」ピストンを楽しみました。入山、下山時にはセンターの名簿に氏名と時刻を記載し、安全を確認します。

続きを読む

ヒオウギお花見会 28日に向けて

神奈川県・厚木の荻野地区にて活動している「西山を守る会」のメイン・イベント?『ヒオウギお花見会』が間もなく始まります。(詳細はこちらを御覧ください)

 

先日の土曜は会場の沓掛館山にてテント設営や28日のバザーの支度など、会員10人が集合して準備をしました。事務局の荻田さんはずいぶん前より除草やヒオウギ田圃の整備などで連日汗を流しています。

 

そのおかげもあって、ヒオウギも長梅雨に負けず少しずつ花を開き始めています。ちょうと梅雨明けになる今度の日曜には一番の見頃を迎えるでしょう。

 

会場の沓掛館山は緑に包まれていて風も爽やかです。どうぞ普段あまり見る機会のない、美しいヒオウギのお花見にいらしてください。一日花のヒオウギは朝咲きだして午後にはしぼみますので、9〜13時開場。28日(日)当日はバザーも開催し、ご来場先着100名様にはヒオウギの種=烏羽玉に模した京都の和菓子と冷たいお抹茶をふるまいます。お待ちしております!(写真は先日、準備で行ったときに写した会場の様子です。)

続きを読む