展望の長峰山 もう一つの顔

入笠山の翌日は高曇りで、曇天なのに展望はききました。同行の人の「蕎麦を食べたい」というリクエストで、行く先は安曇野方面と自ずと決定。それではと、登る山は以前にも数度訪ねている長峰山にしました。

 

ここは展望の山で、山頂にはたいそう立派な木造の展望やぐらが建っていますが、そこに登らずとも目前には気持ちのいいくらい北アルプスから後立山連峰まで見渡せます。特に雪のついた晩秋から早春が秀逸で、正面の常念岳を始めとして鹿島槍の先まで連なる高嶺の眺めは絶品です。

が、この日は最初にその展望を少し楽しんだあと、今まで歩いたことのない長峰山の上の散策路を巡ることにしました。これがあまり期待していなかった?のに、また歩いてみたいと味をしめてしまうような、ちょっとした楽しさだったのです。

<写真は長峰山山頂から桜の木越しの常念岳>

続きを読む

秋の花の入笠湿原

やっと秋! そういった空になりました。

と言っても、まだまだ天候が不安定な時期でしたので展望の山歩きを急きょ変更し、秋の花を楽しむ山歩きに出かけました。例によって車でのドアツードアで登山口に直行。今回は楽チンなゴンドラ利用で入笠山へ。

 

一気に2000m近くの天空まで運んでくれるゴンドラの威力、ここもきちんとコロナ対策をしていました。

出だしは曇天、ガスに包まれて、これは完全に花の観察散歩になると思っていたところ、花に見とれてあまりにノロノロしていたおかげで、写真のような美しい青空になってきました。周囲の山の展望こそパッとしませんでしたが、気持ちのいい晴れ間のもとで山頂ではお昼寝付きのひととき。もちろんスケッチも致しましたよ。

 

ゴンドラ山頂駅周辺の庭園と入笠湿原で多くの花に出会えたのも、ひとえに周辺を柵で囲うなどの設備と手間をかけてシカの侵入を防いでいるからです。ラジオ番組で聞いた情報では、浅間山近くの池ノ平湿原では今年、殆ど花がなくなっているとのこと。もしかしたら、コロナ禍で訪ねる人が減少しシカの天下になってしまったから?でしょうか。

<下記写真にて、当日の花のご紹介をします>

続きを読む

久しぶりの北アルプス4

いよいよテント泊最終日を迎え下山に入ります。まことに幸運なことに、終始天候に恵まれました。これは山歩きには最高の味方、特にノロノロ歩きの非力パーティには本当に助かりました。

そしてとうとう下山の日に、それまで稜線上を雲に隠し、なかなか姿を見せなかった槍の穂先がくっきりと見えました! 喉につかえた魚の小骨のように、ずっと取れなかった雲。他の眺望が満点でも、やはり今回のコースでこの穂先が見えないことには、画竜点睛を欠くと云った気分、スッキリとしませんでした。おかげで鏡池では池に映る逆さ槍こそちょっと無理でしたが、正面の槍ヶ岳のスケッチはできました。写真と共に今回の山旅・エピローグをご覧ください。

続きを読む

久しぶりの北アルプス3

北アルプス滞在中、幸いにもほぼ好天に恵まれていました。特に心配していたのは、朝のテント撤収時の雨でしたが、杞憂に終わったのは本当に助かりました。

展望のよかった三俣山荘のテント場から、この日は再び双六小屋のテント場に戻る行程ですが、当然ながら往路の巻道ではなく稜線コースを楽しみます。昼前までは展望も期待できそうで、時間的にも余裕があるのでスケッチの時間もとれそうです。テントを片付けて、いざ出発!(写真でご紹介していきます)

続きを読む

久しぶりの北アルプス2

いよいよ2500mくらいまで登ってきたので高山散歩と言った具合になってきました。それにしても高いところに居るけれど、かなり暑い。下界はいかばかりか…。

 

まずこの日は双六のキャンプ場から本来行く着くべき三俣山荘のテント場への移動です。コースは稜線上を行くもの、お中道、そして巻道。当然巻道ですが、これが意外と時間がかかり、とても昨日のうちに着くはずもなかったと納得。

 

巨岩やゴーロ、ハイマツ帯や美しいお花畑、風衝地形などなど面白い地形を堪能しながら、朝一番なのでまだ元気。『日本の山はなぜ美しい』(古今書院)など多くの著書がある小泉武栄先生の、地形の不思議さ、地質や植生の関わりなど本の内容を思い出し考えつつ山の景観を見つめると大変楽しいのです。

 

しかしこの移動で時間をかなり食ってしまい、予定の雲ノ平まで行こう!という計画がだんだん怪しくなってきました。どうも歩くのが遅すぎるようですが、せっかくの山、そんなにあくせく先に進むばかりではなく、ゆっくり楽しむのも一手です。とか言って、そもそも出発時間が6時でさほど早くなかったのです。<写真は三俣蓮華ならびの丸山をお花畑から見上げているところ>

続きを読む