鳥ノ胸山(とりのむねやま)

静かな山のシリーズ?、今回は道志にある鳥ノ胸山(1207.8m)です。読みが難しいのですが「とんのむねやま」とか「とうのむねやま」とかも聞きます。が、コンサイスの『日本山名辞典』で調べたら、素直に「とりのむねやま」とありました。

 

ここは以前、山仲間のIさんと行ったことがあるのですが、ボーッとしていたのか、登山口の取り付きを間違えたらしく、考えていなかった尾根(バリエーションルート)から登ってしまいました。

 

で、今回は「道の駅どうし」に車を置き、地図にも載っている秋葉山(887m)からのコースで鳥ノ胸山に行き、雑木ノ頭を越えて道志キャンプ場に下山するという周回の正規ルートで歩きました。

 

とは言え、鳥ノ胸山の山頂で一人、途中で二人連れに出会ったのみで、まさに「避衆登山」、展望もよく静かな山歩きを堪能しました。

 

続きを読む

明神峠から湯船山

冬型の気圧配置が厳しかった後の平日、県境の静かな山稜を久しぶりに訪ねてみました。

 

思い返せば前回は2006年のGWに、駿河小山駅から富士急バスの「明神峠行き」に乗車しこの山稜を縦走後、駿河小山駅まで下山し周回したのでした。すでに15年近くの歳月が経っていました。

 

この稜線はかつて、岩田 澗泉(たにいずみ)さんという方が個人で“情熱”を以って整備されていた場所です。特に手作りの道標は当時より賛否こもごもあったとは言え、概ね多くのハイカーの楽しみの一つになっていたことは確かです。私もその一人でした。

続きを読む

宮ヶ瀬尾根・猿島

しばらく「つれづれ」の更新をサボっていたら二月になり、立春も過ぎていました。

相変わらず県内の人知れない場所をうろついていましたが、今回ご紹介の場所もさにあらず、しかも前回と間違えそうな名称です。前回は「宮ケ瀬みち」、今回は「宮ケ瀬尾根」。ただ今回の方が登路は険しく、低山とは言えのんびり散策とはちょっとわけが違います。けれど場所的には宮ヶ瀬湖の南側で湖をはさんで、向こうとこっちの違い。やはりちょっとややこしいかもしれません。<写真は登りの途中から見えた宮ヶ瀬湖、前回は右手側の中腹を歩いていた>

続きを読む