プロフィール

明神岳を描く(上高地)
明神岳を描く(上高地)

 

中村好至惠(なかむら・よしえ) 


山の絵描き。武蔵野美術大学油絵学科卒。卒業時より個展、グループ展多数。30代より山を始める。

山梨県北杜市の日野春アルプ美術館、甲斐大泉のロッジ山旅に作品常設。

また御茶ノ水にある老舗喫茶店『穂高』が所蔵作品を季節入替えで展示。

2001年より毎年フロッピーサイズの卓上カレンダーを制作。

 

白山書房の季刊誌『山の本』では2008年より熊谷榧氏の跡を継いで本文の挿絵担当。

また2011年より画文の連載を担当。

2014年春には初の画文集『心に映る山』を白山書房より刊行。

 

日本山岳会会員。横浜出身、在住。