年始めの山

新年の山は足慣らしに中央線(猿橋駅)沿線の百蔵山に行きました。所謂、山を始めたての人が行く手軽な山ですが、何故か登り残していました。今年はこうしたちょっと心残りの山を丁寧に登っていこうと考えていたので、手始め(足始め?)に出かけました。

「秀麗冨嶽十二景」の一つとのことで、確かに山頂からはこのような景色が…。普段はあまり富士山は描かないのですが、お正月だしということで一枚スケッチし、風のない日溜りの山頂でしばしのんびりしました。駅から歩け短時間で登れる、兄弟のように並んだこの百蔵山と扇山に人気があるのが頷けました。