北岳の花

(写真はミヤマハナシノブ。美しい色と儚げな姿で人気ランク常に上位の高嶺の花です。)

日本の最高峰富士山はその端正な姿で誰しも魅了しますが、第二の高峰北岳には富士山にはない素晴らしいお花畑がそこかしこにあります。雪解けまもなくの6月下旬から7月上旬にかけては北岳固有種のキタダケソウが美しい白い花を咲かせますが、まだ私は見たことがありません。


今回も多くの花々を観察しましたが、不思議に感じたのはいつもならお盆以降に見ることができる秋の花が、夏の盛りの花と一緒に咲いていることでした。山小屋の方も花が一斉に咲いていること、また下の方にしかなかったタデなどの植物がだんだんと標高を登ってきていることを話していました。

シカの食圧だけでなく、温暖化によるのでしょうか、植物群も私が昔北岳に来ていた頃とは様子が違ってきているようです。