春に向かい・・・

先日、東中野の「間・Kosumi」というギャラリーでの玩古堂(がんこどう)「陶印展」を見に行きました。私の作品に押印している篆刻は大半がこの玩古堂のものです。今では松本冬美さんが粘土をこね焼いた陶器製の美しい印に印影を彫って作製しています。私にとってはなくてはならない落款ですが、冬美さんの作品は落款と言う実用以前に、手元に持っているだけで幸せになるような美しさと心地よさで宝物のような手づくり小物です。

 

恒例の高崎市内の珈琲豆専門店「大和屋」での展示会(今年は三月下旬)を私は毎回楽しみにしています。

 

そしてこちらは美味しそうなクロワッサンが並んでいますが、「ギッフェリ・カフェ」での現在開催中「山の絵展」の喫茶コーナーです。これまでは厳冬期の北海道でのスケッチも含め、残雪の山など冬景色を中心に並べていましたが、明日金曜の閉店後に作品の入替えをします。来週からは新緑の山など、春に向かっての絵が並ぶ予定です。

パンは昼過ぎには売り切れてしまうほど好評です。いい材料を使い一つ一つ丁寧に作られているからでしょう。

 

それに加え、四月の個展に向けての準備も始まっています!