八甲田の旅

五月半ば、低気圧が次々やってくる不安定な天候のなか、東北へ出かけました。今回はO夫妻とご一緒で、現地では山岳写真家のいちのへ義孝さんと奥様がご案内してくださるという「豪華版」です。

当日は曇天でしたが、ヤマザクラの咲く八甲田山麓にまず向かいました。山岳道路を登って行くに従いだんだんと霧が深くなり、昼間ですがヘッドライトをつけての運転です。そんな白くけぶる世界のなか、健気に咲くサクラは大人の背丈より少し高いくらい、太い幹もなく地面から直接枝分かれして扇の様に拡がっています。雪深い八甲田のものは、私たちが抱く桜の木の印象とは全く違うものでした。晴れていれば残雪の八甲田の峰をバックをに、満開に咲くヤマザクラがそれは美しいとのお話でした。けれど霧のなかにひっそりと咲き誇るサクラたちは青空のもとで出会うのとは違う美しさで、八甲田のサクラとしてずっと心に残ると思います。

出会った花、新緑のブナ、蔦温泉の沼巡りなどの写真を掲載します。