strings 9月の展覧会@くるみギャラリー

14日より国分寺のくるみギャラリーでの企画展「strings 9月の展覧会」が始まりました。

 

昨日は当番で会場に詰めていました。武蔵野美術大学の仲間(同級生と二級上の人たち)との展示は11人という所帯ですが、いい雰囲気の会場にまとまっていました。私のようなドローイング(水彩、油絵、テンペラ風など)の人も居れば、版画(エッチング、リトグラフ、木版)やガラス絵、木彫の板絵など様々な作品が並んでいます。

 

しかし不思議なのは、いわゆる絵画教室の生徒さんたちのグループ展のような煩雑さがまったく感じられないことです。やはり一つひとつの作品の持つ力によるのでしょうか、また画廊オーナーの展示のセンスも見事で、それぞれの個性は引き立つのですが、決して周囲を邪魔しない主張で、いい空間となっています。

 

23日(祝・日)まで12時から夜7時までやっていますので、お近くの方、散歩がてらの方、どうぞご高覧くださいますようお願い致します。♦18日(火)は休廊、最終日は午後5時まで。(詳細はホームに載っているDMはがきをクリックしていただくと、大きな画面にてご案内しています。)