美ヶ原の茶臼山

11月もそろそろ終わりに近づいています。が、小春日和。木枯らしが吹いたりよりは過ごしやすくていいのですが、この冬がどうなるのか・・・。暑すぎて長すぎた夏を思い出しながら「普通」が一番と思うのですが…。

さて、先日行った「リハビリ山歩き」の茶臼山の話を〜。この秋はなかなかの好天に恵まれ行楽日和も多かったのですが、そんな一日、軽く足慣らしということで展望のいい茶臼山(美ヶ原)に行ってきました。

思惑通り360度の展望。今日登らなければいつ登るのだ?と云った山日和でした。暑くもなく寒くもなく、出だしからのんびりとスケッチの時間も充分にとれ、遠く北アルプスが横並びに見えました。山頂では南ア方面、八ヶ岳、浅間方面が。そのなかで御嶽山はどう見ても煙を吐いている様子でしたが??

 

貸切の山頂でお昼とスケッチタイムを過ごしていると、一組の夫婦連れがやって来たのみで、入れ替わるように下山開始。扉峠からだと標高差もさほどでなく、この大展望。なんだか得した気分で秋の好日を過ごしたのでした。