暦展と〜展覧会二題

国分寺のくるみギャラリーでの「暦展」も今回で3回目です。昨日初日、私は会場に詰めながらゆっくり皆さんの作品と過ごしながら豊かな暦の世界に浸りました。

 

3回目となればそれぞれ集まった作家さん達の様子も分かってきていますが、そのなかに奇想天外なアイデアで毎回ワクワクする“新作”を作ってくる森キヲノリさんはじめ、イラストレーター、写真で造形を表現する人、版画家、そして私のような絵画の人など、新作披露で毎回楽しい世界が展示されます。

 

18時からはギャラリーのオーナーさん中心にみんなの持ち寄りにて作家やその仲間とのオープニングパーティー。これがまた楽しいひとときで、他愛ない話ながら美大系の事柄で盛り上がり愉快な呑み会となります。

 

またこの日は日中、西荻窪駅から徒歩10分ほどの「Doodle」という喫茶店で開催している、やはり武蔵野美大で同じクラスだった北島洋一さんの個展会場も訪ねました。こじんまりとしたお店ですが空間を上手く使い、私と同じように現場で描いた山の水彩画を中心に油絵や銅版画も展示していて、すごくいい雰囲気になっていました。

この『北島洋一 山の絵展in Doodle』は11月17日までですが、「暦展」の写真の下に北島さんの会場の様子もアップしました。どうぞ御覧ください。

ここからは北島洋一さんの「Doodle」会場です