久しぶりの北アルプス4

いよいよテント泊最終日を迎え下山に入ります。まことに幸運なことに、終始天候に恵まれました。これは山歩きには最高の味方、特にノロノロ歩きの非力パーティには本当に助かりました。

そしてとうとう下山の日に、それまで稜線上を雲に隠し、なかなか姿を見せなかった槍の穂先がくっきりと見えました! 喉につかえた魚の小骨のように、ずっと取れなかった雲。他の眺望が満点でも、やはり今回のコースでこの穂先が見えないことには、画竜点睛を欠くと云った気分、スッキリとしませんでした。おかげで鏡池では池に映る逆さ槍こそちょっと無理でしたが、正面の槍ヶ岳のスケッチはできました。写真と共に今回の山旅・エピローグをご覧ください。