秋の花の入笠湿原

やっと秋! そういった空になりました。

と言っても、まだまだ天候が不安定な時期でしたので展望の山歩きを急きょ変更し、秋の花を楽しむ山歩きに出かけました。例によって車でのドアツードアで登山口に直行。今回は楽チンなゴンドラ利用で入笠山へ。

 

一気に2000m近くの天空まで運んでくれるゴンドラの威力、ここもきちんとコロナ対策をしていました。

出だしは曇天、ガスに包まれて、これは完全に花の観察散歩になると思っていたところ、花に見とれてあまりにノロノロしていたおかげで、写真のような美しい青空になってきました。周囲の山の展望こそパッとしませんでしたが、気持ちのいい晴れ間のもとで山頂ではお昼寝付きのひととき。もちろんスケッチも致しましたよ。

 

ゴンドラ山頂駅周辺の庭園と入笠湿原で多くの花に出会えたのも、ひとえに周辺を柵で囲うなどの設備と手間をかけてシカの侵入を防いでいるからです。ラジオ番組で聞いた情報では、浅間山近くの池ノ平湿原では今年、殆ど花がなくなっているとのこと。もしかしたら、コロナ禍で訪ねる人が減少しシカの天下になってしまったから?でしょうか。

<下記写真にて、当日の花のご紹介をします>