大日岩へ

十月も雨が多く、台風が21、22号と二週連続で来ました。その合間をぬって、ちょうど日野春アルプ美術館から残っている作品の搬出作業があったので、ロッジ山旅の木曜山行に参加してきました。これがピンポインでの快晴に当たり、幸運なことにこの秋では一番の山日和だったのです。

写真は奥秩父の奇峰・瑞牆山(みずがきやま)です。花崗岩が林立する不思議な山で、一体どうやって登れるのか?と思いますが、不思議と上手く登山道がついていていつの間にか山頂に行ける山です。深田久弥の日本百名山でもあり、大人気。当日も瑞牆山荘前の駐車場は満杯に近かったですが、この展望台から先の分岐を瑞牆山ではなく大日岩方面に行く人は私たちのパーティーのみ、そして金峰山(きんぷさん)ではなく途中にある大日岩を目的とする人もまずないでしょう。ここでも例の法則?百名山に挟まれた所は穴場:ほぼ終日貸切状態で歩けたのでした。

これは大日岩からの八ヶ岳の眺めです。美しい広がりで、くっきりと見通せました。こんなに鮮明な眺めは本当に久し振りのことです。それほど今年は雨や曇天ばかりでした。

 

手前の黒い三角形の山は飯森山。実はこの三角の頂点のすぐ上に、有名な方の飯盛山が乗っかるように見えているのですが・・・。

すぐ右手には例の瑞牆山が手の届くほどに見えます。大日岩に登る魅力は瑞牆山の展望を得られることでしょう。