身近なことがら8 ウタマロ石鹸

手作りマスクです。「西山を守る会」でも一緒の、昔から山含め人生諸々の先輩でもある友人Wさんのお手製です。

 

色も柄もお気に入りです。右側のは浴衣生地です。見るからに涼しげですが、実際これらの布製マスクをつけると、この暑さのなかでは不燃性マスクを付ける気にはなりません。

 

帰宅すれば、どうせ手を念入りに洗うことになるので、一緒にこのマスクも洗ってお天道様に当てて干します。その時に登場するのが「ウタマロ石鹸」です。

マスクと一緒にWさんが送ってくれたこの何とも言えない色の石鹸、関西出身の方はご存知かも…。ウタマロという不思議な名前を聞いても、関東の人間には「?」ですが、でもこの香りをかぐと何となく懐かしく、子供のころに使ったような・・・。

 

この香り、Wさんから「山椒ににている」と聞き、なるほど…と思っていましたが、会社に問い合わせたそうです。そうしたら「シトロネラオイル」との返答で、ネットで調べたら山椒の匂い成分もシトロネラだったとのこと。まさにピンポン!でした。

 

 

 

この匂い成分には虫除けの効果もあり、蚊帳(今では殆どみかけませんが)にも使われているとか。そしてWさんが言うには「この石鹸を使っていると、西山登山の折に山椒の実を摘んでいる時の気分が蘇る」と。

 

私がこのマスクをお気に入りな理由には、もう一つ、洗濯後のこの石鹸の香りが好きだから…という事もあります。

 

浴衣生地マスクはちょっと薄手なので、同じ生地で作った小さなフィルター付き(^^)です。