静かな霧ヶ峰 逍遥

梅雨明け後、日帰りで高原散歩をしてきました。有名な霧ヶ峰も、車山周辺をちょっと外すだけで誰にも会わない静かな散策が楽しめます。当日は「北の耳、南の耳」当たりまで行ってスケッチしようと出発したのですが・・・

 

とりあえず同行のIさんと、せっかくなのでまだ見頃の花畑を見てみようと、車山肩の電気柵内の花畑周辺を歩き出しました。柵越しで風情には欠けますが、外側は全く花らしい花のない様子を見れば、これも致し方ないようです。

 

そんなこんなでしばし夢中になって花を眺めているうちに、予定していた南北の耳からはどんどん遠ざかっていきます。花畑には撮影目的や観光客などの姿もけっこうありましたが、気づけば一つも人影がなくなり貸切状態。“三密”無縁の自然にポツネンです。

しばらく歩くと、見覚えのある霧ヶ峰強清水方面が向こうに見えます。車道近くなのに(車の音が玉に瑕とは言え)誰もいなくていい所♡と沢渡に下ると途中、なんとも美しい苔の森に出くわしました。ほんの15分ほどの時間でしたが、1時間以上もその美しさに浸ったような気分でした。

 

そこを抜ければ落葉松林ですぐに沢渡のヒュッテ数軒がある車道に出合います。そこから車山湿原に向かいます。

 

…と、思いがけず「営業中」という看板に出くわし、何気に入っていけば〜…そこは“おとぎの国”のような世界でした。